化学物質過敏症を治す、通院治療と回復記録メモ

「化学物質過敏症」を治すために勉強した内容と病院等への通院内容や治療による回復経過を、心身状態把握の為にブログ形式でメモします。ネットでググっても埋もれていて気付かなかった類の体験記、いたずらに時間が過ぎて心身憔悴していた過去の自分向けに「こんなことをしたよー」感覚です。選択肢に入れるべき、と主張するものではありません。リンク引用は歓迎ですが、無断転載は禁じます。言及された発信内容は、参考に保存させて頂いております。

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 5診目(+DS元気)

 2019.9.6 化学物質過敏症 ジェネティクス療法 5診目

 

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 初診目①

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 初診②

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 2診目

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 3診目

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 4診目

の続き。

 

 

このブログ口コミだけで来院者が2名!

先生のリップサービスだと思うが、●●さんのブログの影響力はかなりあると言ってくださった笑

ここ10日間で来院者が2名いるということは、CSの人はけっこう読んでくれてるかも?とのこと。

(どうだろう???)

 

2名来院したうちの、片方の化学物質過敏症患者さんの話。
マスクはしているが、酷くないので、5.6回ですぐ治るはず。
タバコの臭いが駄目な症状だったので、施術中に部屋の臭いでもちろん駄目。
試しに施術後、目の前でタバコ吸ったら大丈夫。
本人は分からないようで、キョトンとしていた。
灰皿の吸い殻を鼻先に持って行っても大丈夫だった。
この方は発症して3年程経っていて、一度良くなったが、また悪化。
(回復期に先生から施術を受けると効きがよいのでは?)

また、この患者さんから回復体感レポートの記載承諾を頂いたので、noteに掲載させて頂きました。ありがとうございます!!

note.mu

そして、劇的に改善体感されていて羨ましい…笑

(この感情が駄目なんだろうな~)

 

 

 

 

整形手術やそれに準じた行為をした人が多い?
先生が治療してきた重症のCS患者10数人のうち3人がそうだった…ということは割合でいえば、まあまあ多い。
私もアイラインの刺青、レーシック、審美と親不知で歯8本抜歯、全身脱毛の為にほくろ除去…これは関係ありそう、との事。

(良かれと思って改造人間やりすぎた…)

(生まれ持った身体のバランスを崩すようなことをしているのだから、確かに納得。特に歯!)

 

 

 

 

産後に発症する人も良く聞く
産後は脳幹が痛む=いわゆる事故と同じ
産後に自律神経失調症、鬱が多いのはすべて同じことで、どこに症状が出るかはその人の体質。
CSっぽい体質がもともとあるような人は産後ストレスでCS
それぞれ遺伝的な体質で症状が変わる
整形も一種の手術=出産と同じような現象になっている

それだけ自分のでティールにこだわる=神経質
この神経質の方向がCSを産む
(私もこだわりはあるかもしれない)

あれが駄目、これが駄目のようなこだわった症状が出る
こだわりがなければ漠然と自律神経が治まり、この辺が緩んでくると治りやすい

 

 

良い意味でこだわりがないので、今の治療スタイルに
例えばカイロだと手管などほんのわずかなことにこだわっていたら、そこに一生を費やす
そうするとパターンが決まってくる、過程ではなく結果

 

 

 

 

 


親の過保護エピソード
(DVされている夢を見た!と新幹線に飛び乗ってきた母…)

昔からヒーラーがよく言う事で、気の流れ、甲脈

www.idononippon.com

がずれている場合がある。
ずれている=性格と絡んでいる
親と子は一緒に居るため、何処で笑って泣くかなど喜怒哀楽が影響を受ける。
親がずれていると、同じずれ方、似てしまう。
これが大きくずれると変なことになる。

 

 

 


治療回数で治るわけではない
あと何回など、実利的にカウントするものではない。

治りやすい傾向の人は、10のうち1,2でも治ったら喜ぶ人。
10のうち残り8ばかり言うような人は、治りづらい。
何故か?残った8が全て、100になってしまう。
例え半分の5になっても、100。
一番苦しいときは一生通ってでも治す、少しでも治りかけるとあと何回?となってしまうのが極端。
0になるまで、と考えずに、たとえ50でも前より良くなっているとして、生きていけるように考えを改める。
(これは瓦解した患者さんが、CS症状治っても、暴露は感じるのと同じことに感じる!)

 

症状が出ないような物に暴露を感じる、これはカルマ

ja.wikipedia.org


その人の条件付けが連動している
この辺を理解しなくてはいけない=理解=成長=霊性があがる
霊性を上げることが病気を治すのに重要。
霊性=本質を知る力
一般的には神仏に対する理解度だが、本質。
本当のことを理解して、整理できる
整理するためには自分のきつい部分も認めなくてはいけない
(耳が痛い!)
自分がなぜこのような目にあっているのか、可能性がある原因を自分がもっている。
患者自身を通してこのような状態になっている=本人が変われば流れもなくなる
本人のカルマが薄まっていかないといけない=本人の波動

(先生の仰ってることが若干難しくなってきたが、波動療法になんとなく通じる?

薬物依存症の治療に、依存者本人じゃなくて、家族が変わるようにと指導される内容になんとなく通じるかも?)

 


DS元気

f:id:csmemoko:20190913195233j:plain

 

okadaue.thebase.in

「DS元気」は半導体を利用したオリジナルの健康グッズです。

体に蓄積した電磁ノイズを素早く解消するのにかざすだけで針を刺す鍼治療と
同様の効果を得ることが出来ます。

先日購入した、五行を基にした電子部品で開発された波動系のヒーリンググッズ。
試しに先生にも持って頂くと、爽やかな感じがするとのこと。

 


波動治療も、流れてくる問題の先端
先端の数値化であり、出てくる物を掃除している状態。
内側に変化を与えられれば、先端もまともになる。

先生に内面を晒す、言えるようになることも必要。
これは共鳴=心を許す。
共鳴しなくても治る人は居るが、共鳴する事がすごく重要。
(確かに心を許すと言うより、いろんな話を聞いてほしい、おしゃべりしたいという感覚になっているのは、共鳴なのか笑)

 

 

生命線を見てもらう

左手:生命線、途中から薄い
右手:同じく弱い

先生はくっきりしている、病気にならないタイプ
生命線があるからまだ大丈夫で、ない人もいる

(マジックペンで塗ろうかと思った笑)

織田信長は生命線を切って伸ばしたという有名な話もある。

 

 

 

大麻などの薬は悪影響
男性の患者さんでずっと舌しびれがあると言っていた人は、アメリカで昔大麻吸っていたらしい。

 


今回のストレス指数

f:id:csmemoko:20190731163814g:plain
前回15.22
今回15.09
(さがってるー!!)
この数値ぐらいまでは下がりやすいが、14.5ぐらいから下がりづらくなる
大きいものはボンボンと取れるが、この先がおだやか?
ここすら下がらないと後が大変

(よかったー!!)

 

左肩がやはり突っ張っているが、前回ほどは筋ばっていない
全体は緩んでいる。


日常生活の中で体感、何気ない肩こり張りも含めて、マスクをしていても駄目だったことを少しやってみると体感できる
(確かに完全に先回りして避けている)


この方法で改善を体感できる

(ゴッドおじさんの口コミテキスト打ちまくってると左肩が痛い!笑)


翌日治ってればOK
(確かに入力作業中だけ痛い。やめたら治る)

 

回復力があることが重要
(確かにジェルボール暴露で体感した。前は数時間寝込んでいたのが40分で復活!
あと印刷物が駄目だったのが、小時間の書き物ができるようになったかも?)

 

 

いつもは施術中におしゃべりするのが、今回は眠くて爆睡

 

 

前回、胸の間にくぼみができたと申告していたのは、肋骨と肋骨の間の隙間にある胸郭筋で、骨自体は下がっていない。
大きな、嫌な問題ではなく、痩せてそこだけこけた、頬がこけたような感じ。

統合失調症の人は痩せこけている人が多く、先生の施術2-3カ月で太り始める人が多い。
患者さんの中には、二の腕がプルンプルンする喜びがやっとわかったそう。

 

 

バセドウ病の人は肩こりが多い
サッカーの本田選手は珍しいタイプ
手術して取ったはずには、脳の構造が戦闘モードなのであの顔のまま、長生きしない
立身出世が強いタイプ。

 

 

 

ごしんじょう療法が得意な症状は、先生も得意
ごしんじょう療法もいわゆる抜き系だが、先生に比べて量が少ない。
ごしんじょうの棒で施術後は黒くなるが、先生が施術後に行うと黒くならない。
抜ける量が段違いであり、深い。
意識によって抜く物を変えられるが、ごしんじょうは道具で規定されている。

ごしんじょうから波状して治療家それぞれで勝手に名乗っている物も多い。

 

Gールデンファイブ療法など

ご:五行
ごーるでん:ごしんじょうの金の棒

 

現物はごしんじょうから仕入れて、やってる事は同じで、セミナーを行い、人に売ったりするらしい。

 


ブログに書く人がいなかった

確かに一見怪しいし笑、普通の人に言っても通じないだろう、難病で困ってる人がやっと辿りつく場所だと思う。
私も探し回って、野球選手の人と先生が書いたっぽい、はてなブログは見つけた。

このように宙に浮いたサイトが20か所ぐらいあるらしい
おそらく先生のメインHPはグーグル検索では出てこない?
私のはてなブログも検索しても出てこない(病名書いてるから?)
ブログの解析を見ても基本SNSツイッター)経由で見られている
気功、ヒーリング+症状名だと引っかからない
化学物質過敏症の病名だけだして、他の気功やヒーリングなどを出さない方がいいかも?

困っている患者さんに情報を伝えたいと思ってブログを書き続けているけど、伝え方をどうにか考えないといけない…。

 



今日は結構左側がほぐれているとの総括。

次週は山籠りするので、さ来週早々にお願いする。

 

 

 

化学物質過敏症をはじめとした、難病でお困りの人だけに情報を届けたい

・西洋医学(直接的医療行為)

東洋医学自然治癒力を高め、生きる為の医療)

それぞれの視点を持たないと理解できない

人を選ぶ内容ですので、外野をフィルターアウトする目的で一部記載内容は隔離しました。

興味がある方は、是非こちらのnoteにてご覧ください。

https://note.mu/ekimemoko/n/n39a30d5aceee

note.mu

はてなブログ内だけでご理解、応用できる方はご覧いただかなくて大丈夫です!