化学物質過敏症を治す、通院治療と回復記録メモ

「化学物質過敏症」を治すために勉強した内容と病院等への通院内容や治療による回復経過を、心身状態把握の為にブログ形式でメモします。ネットでググっても埋もれていて気付かなかった類の体験記、いたずらに時間が過ぎて心身憔悴していた過去の自分向けに「こんなことをしたよー」感覚です。選択肢に入れるべき、と主張するものではありません。リンク引用は歓迎ですが、無断転載は禁じます。言及された発信内容は、参考に保存させて頂いております。→【追記】治りました!!

読書メモ 断薬のススメ 内海聡

断薬のススメ

f:id:csmemoko:20191009194359j:plain



西洋医学の薬=対処療法

予防医学的な観点ではガンにならない

1番大事なのは食事

根治療法、代替療法、は対処療法と逆。

自然療法、ホメオパシー東洋医学、量子医学、食事療法、栄養療法、解毒法など。


漢方や鍼灸東洋医学でいう対処療法。

気功、気の考えや精神的なものが根本的な意味での東洋学。医食同源

オーソモレキュラー分子栄養学の限界を超えるのが、ホールフードの原則。一物全採。

体に良いものを食べ、良い精神状態でいれば健康である。


スギ #花粉症 は #化学物質過敏症

現代のスギ花粉には毒性物質(ダイオキシンなどの環境ホルモンPM2.5などの有害物質、放射線物質、農薬、化学肥料)が付いている。

身体はセンサーなので、汚い物が飛んできたら反応。

7歳の時点で花粉症発症してたの、CSの前触れだったんだな😭


#花粉症 は花粉が悪いわけではなく、化学物質が問題。社会毒の砂糖、牛乳、ワクチンが誘発。これを排除、免疫力をあげる。

アレルギーが出ている=排出
反応できない=毒素溜め込み、ガン化

ステロイド、アレルギー薬は排出力を抑える、毒を溜め込み他の病気を誘発する。


日本の医療は検診、人間ドックで初期ガンを発見するが、食生活が変わらない限り医原病に導かれる。意識の改革が必要。

慢性病、現代病は対処療法を受ける=一生薬を飲まされ続ける。薬漬け、サプリ漬け。

思考習慣も含めた体質改善を中心に、肉体的、精神的、金銭的にストレスフリーな治療を続ける




胡散臭いとしか思えなかった内容がやっと理解できるようになってきたのと、それでもまだ見えてなかった事に気づけた。

また明日続き読む。

 

f:id:csmemoko:20191009194419j:plain

 


どこまで読んだか思い出せないぐらい止まっている…。

 


社会毒…現代の人間社会がもたらした古来の生物的世界に反する内容を持った物質の総称。昔の人が食べたり使用しなかった物質。

西洋医学や製薬会社のステロイド剤、アレルギー薬、免疫抑制剤などの薬全般。ワクチンは膠原病やアレルギーを誘発。

 


食の社会毒…砂糖、牛乳、乳製品、添加物、人工甘味料グルタミン酸ナトリウム、フッ素、遺伝子組み換え食品、農薬、プラスチック製品、ホルムアルデヒドベンゼン、ナプキン、ダイオキシン抗生物質、石油系洗剤、トランス脂肪酸

 


水道水は塩素だけではない。特に平成以前に作られた水道管、劣化してくると有毒なものが流れやすくなる。

ナノ化粧品、タバコ過剰なカフェイン、タウリン、アルコール。

細かく考えるのではなく総論で考える。昔は明らかになかったもの。

 


なぜ現代人はすぐに病気になるのか?

企業が毒物を作り、医療で更に吸うようなマッチポンプ構図。対症療法しかできないと言う医療組織。このような背景を知らないと、アレルギー、膠原病、難病、自己免疫疾患と言う名前をつけられ、その病気は良くならない。



救急医学では対症療法西洋医学は役に立つ。慢性病や現代病だと役立たない。

かといって代替療法の医者に丸投げするのはだめ、自分自身で治す。

代替療法でも患者を通わせ続け、薬漬けサプリ漬けにすることは治療ではない。

この辺が #メガビタミン療法 に出会ったけど、すぐに止めたのと通じる。

 


#バセドウ病 の患者さん例が載ってる。血液検査の数値に一喜一憂して投薬するのではなく、自分の免疫力、エネルギーを上げる。

私も数値が安定していた事もあり、生命保険に入ると言う目的もあり一度断薬。体調不良など無いが血液検査で数値が上がっているから、と投薬再開。よく考えるべきだった


量子医学=波動医学
物質の周波数や分子とは違うエネルギーに注目、因果関係を見出そうとする。東洋医学アーユルヴェーダなどの考え方にも通じる。古典医学は膨大な統計学でもある。

 


【例】乳がんができるのは女性の否定。男性依存、DV等も原因。発想を逆転し、私はもっと可愛くオシャレでいてもいいんだと肯定。いわゆるストレスの解放。
結論として全て意識が上位。具体的に体がやることを実践してそれがうまく合致したときに病気は治る。

食生活や行動は意識的に変えているので🆗

 


後は深層心理だなー。またここで心の問題になる笑笑

この先生は五行音叉療法を始めているらしい。経絡の調整や波長の調整などの周波数療法。

歯医者さんで波動療法を教えてもらったときにわかりやすい例として見せてくれたのが音叉だった。

ただ今やっている整体が被りそうなので今は控える。

 


ワクチンに効果はない

例えばインフルエンザのワクチンを打つ方がかかりやすくなる。学校での集団接種が全国中止になったのは、医師会により予防効果がない事が証明されたから。

子宮頸がんワクチンを打った方が子宮頸がんになりやすい。開発研究の
博士が重篤な副作用が使用後にあると報告している

 


BCGを打った方が結核が増える。インドでの大規模研究後にWHOでも同様、欧米では全部中止。
MMRワクチンを打っても効かないどころか薬害、FTPワクチンを打った方が百日咳にかかりやすくなる。

製薬会社利権のために続けている。海外国内問わず利権のため強制の流れに。

 


ホメオパシー療法

病気や症状を起こしうるどこを使いそれらの毒を天文学的に希釈して与える。ホメオパシーの使っているレメディには有効成分は入っていないが情報だけが入っている。これに体が反応して治癒力を向上させる。


ホメオパシーについて
http://newsdigest.de/newsde/column/doctor/3380-homeopathy/

薬剤師を目指していると言う現地大学生と話す機会があったのだが、レメディーはおまじない使いだったのにびっくりした😓海外からだと、日本には忍者がいると思っているように、発祥国だったら浸透していると思ってたら違った…。

 


更に #化学物質過敏症 の海外状況について聞いたが病名すら知らず。恋人の現役の薬剤師にも聞いたが、知らないそう😓海外の方が進展していると思い込んでたんだけど違った。そもそも向こうでは発症者が少ないか!

日本はケミカル地獄&無法地帯で発症者が増えてるから知名度ばっかり上がっていく😡

 

f:id:csmemoko:20190923124305j:plain



今度問診をしてもらう先生に提出する書類内に、やっぱりワクチン記入する欄があった。親に聞いてワクチンの内容を書いてもらったんだけど、これは一般的なんだろうなぁ…。

ワクチンの構成成分で害になるのは、水銀、アルミニウム、ホルムアルデヒドグルタミン酸ナトリウム抗生物質着色料安定剤等

 


逆効果になる薬
骨粗鬆薬。日光浴びてきちんとした食事がよい。また牛乳は骨訴訟を引き起こす。飲めば飲むほど胃が弱くなる。
(給食関係者はいい加減気づいて欲しい)

咳止め。本来咳を出すのはバイ菌を外に出すため(スギ花粉の舌下免疫療法やってしまったので耳が痛い)

 


胃薬。精神作用性があって胃酸を抑えてしまい、消化が悪くなる。いがもたれる理由は悪い食べ物を食べてしまったから、食べ物を無視しない。胃酸が出にくくなり消化が悪くなる。消化不十分で朝に流れていきさらにおかしくなる。
(精神薬を出された時、胃薬を飲めと言われたのを思い出した😓逆!)

 


間を置いて長々と読んでたけど、読み始めた時と今ではだいぶ思考回路が変わって視点変わったように感じる。少しは勉強して、成長できたかな?

 

 

www.iherb.com