化学物質過敏症を治す、通院治療と回復記録メモ

「化学物質過敏症」を治すために勉強した内容と病院等への通院内容や治療による回復経過を、心身状態把握の為にブログ形式でメモします。ネットでググっても埋もれていて気付かなかった類の体験記、いたずらに時間が過ぎて心身憔悴していた過去の自分向けに「こんなことをしたよー」感覚です。選択肢に入れるべき、と主張するものではありません。リンク引用は歓迎ですが、無断転載は禁じます。言及された発信内容は、参考に保存させて頂いております。→【追記】治りました!!

化学物質過敏症 台湾漢方 5回目問診

化学物質過敏症 台湾漢方 8/22 5回目問診

 

化学物質過敏症 台湾漢方 初回問診、再問診

化学物質過敏症 台湾漢方 2回目問診後 体質改善薬 試薬開始

化学物質過敏症 台湾漢方 3回目問診

化学物質過敏症 台湾漢方 4回目問診

この続き。

 

 

前回の問診から今日まで、忙しかったか聞かれる。
写真問診で送った舌の表面に黄色い苔ができている。

 

先生はエスパー?(笑)

実際に前回の問診8月2日から今回の問診8月22日まで
・締め日の関係で多忙
・新しい病院を検討して通院
・お盆休みのため長期山篭り
・パソコンを持ち込んだため療養するのではなく、書籍を読んでまとめたり、このブログを書いたり、SNSでも患者さんと情報やり取りなど

・さらに天気が良い日は屋外の観光など

・正直休むというよりは、作業をしに行ったような感じ

 

山に行ったと申告したら、標高何mか?1000m 級ぐらいか?と言われる。
(後日調べると実際に1000m級)
(前回先生に教えてもらった事や、好転を体感している漢方について調べようと思いたくさん本読んで頭がショートしているかもしれない)

これが胃腸に出てきてしまい、逆流性食道炎となる。
(確かに今一番しんどい症状は胃痛になってきた)

体が火照って暑い思いをしているのでは?
お布団の中で熱い思いした

お風呂に入って温まった

暑い所に行って熱い思いをした

以上のような体を温めたのではないか?

 

(確かに山間部のため、本来だったらクーラーがなくても大丈夫な環境が、フェーン現象で40°に達するような場所もあった。

猛暑のため暑くてしょうがなかった。

夜間は長袖を着用しないと寒暖差)

 

 

暑いと肺が熱を与えられて、筋肉が萎縮して縮む

そういう体質を持っている。
そうすると胃が痛くなったり、狭窄、逆流性食道炎になってしまう。
ぎゅうぎゅうと締め付けられるような、間がすぼまって狭くなため生じる痛み。
肌がピリピリと感じるのも、乾燥して暑いのでキュッキュッと委縮して感じる。

(友達と喋りながらちょっとずつ食べるという時は胃痛がないが、一人で食事をして漢方薬飲むと胃が痛い。
ジャンクフードで唐揚げ一口食べると胃が痛い。
今まで胃痛があったこと自覚してなかったのかも?
質が悪い物を食べたり、食べ過ぎたりしたときに、本来だったら胃痛があったのが、感覚が蘇ってきたのかな、と自己分析)

f:id:csmemoko:20190823190414j:plain

これでお腹いっぱい苦しい。

f:id:csmemoko:20190823190544j:plain

1食これでお腹いっぱい。。。

f:id:csmemoko:20190823190714j:plain

療養先で作ったボーンブロスベースのもつ鍋。

小食すぎてなかなか食べきれない…。

 

 

知覚神経が麻痺していた

血が足りない気が足りないと、痛みも痒みも痺れもコリもわからない
血も気も足りてくると、知覚神経が復活してコリがわかる。
体のコリがわかり、痛みが分かるようにな。る

例えば、背骨が曲がってちっちゃく縮んだような、腰のすごい曲がったおばあさんがいる。
このような人達はもっと狭窄で、本当は物凄く痛いはず。
年をとると、痛みが分からない状態になる。
病院の先生方は、痛みが分からない、自分の症状が言えないから、年を取った患者さんは嫌なんだそう。
痛みあるでしょう?と言っても、ありませんと言う。
痺れあるでしょう?と言っても、ありませんと言う
話にならない、今のはそういう状態。

 

副交感神経と腹式呼吸

涼しい所に行って、漢方薬を飲むのが良い。
私は「痛い痛い」と思うと、神経が余計に痛みを作ってしまうような患者。
そのような時は、副交感神経を復活させる意味で腹式呼吸をするのが良い。
7秒で吸い、2秒息を止めて、8秒でゆっくり息を吐く。
そうすると副交感神経が落ち着いてきて、痛みが止まるというタイプ。
腹式呼吸は何時でも、特にパニックに陥った時などに助けてくれる必須の方法。

一挙に何もかももしない、パニックにならないように。
(先生は本当にエスパーのようで、生活がかかっている、まだまだ医療費がかかる、仕事をしなければ、先々のことを考えなければ、とあれもこれもと色々やっていた)

 

 

好転内容を申告

22時に寝なさいという指導に、難しいと感じていたのが、22時にすっと寝れるようになった。
代わりに朝3時半とか早朝に覚醒するようになった。
0時に寝て7時に起きるなど、サイクルができてきた。

 

車移動時にマスクを取れるようになった。
今までは怖かったと言うか。実際に車内も臭かったためマスクをしていた。
それが、ふと先週ぐらいにマスクを外してみようかなと思い、試しに外したら大丈夫だった。
山間部にいたため、山で歩きまわってる時のような綺麗な空気じゃないのは当然、車内のためしょうがない点もあるけれども、曝露症状は出なかった。

 

顔周りにニキビがポツポツとできるようになった
潰れてはまたできるを繰り返す。
これは多分毒素が皮膚に上がってきたものなんだな、と自分でも分かる。

 

お盆中は野外で遊んで、日傘もささずに、暴露症状が出るので日焼け止めも使えず、今は日焼けで真っ黒状態…。

f:id:csmemoko:20190823184708j:plain

CSになって8年ほど経った頃に、右足の膝小僧にイボができ、皮膚科でドライアイスによる除去をしてもらって一時期よくなっていたが、現在復活している。

また、中学校の時から革靴を履いたせいか、くの字のような外反母趾で足がガチガチ

 

外反母趾漢方薬で取れる
足がむくんだぶんだけ骨が出てきて、外反母趾になる。
足のむくみが取れてきた分だけ、外反母趾は消えてゆく。

 

 

 

今回の問診まとめ

●胃痛の痛みは腹式呼吸

●アイスノンでもいいから体の暑いところを冷やす

漢方薬をしっかり飲む

 


焦って一気にやろうとしたら、一気にダメになる
一つ一つ順序を決めて、一つ一つをクリアして、階段を上っていくようにしないと、本当にパンクする。

(狭窄痛と言われて思い当たる節があり、胃痛が生じてから何故だろうと思い、胸腔神経症みたいな症状だなと思い、心包経(心臓の動きとか保護している経路)などそっちに原因があるみたいに感じる)

全部そうであり、心臓がぎゅーっ、胃腸がぎゅーっと、脇腹がチクッと、腰がキュッと、肩から首こりから頭に入ってズキンズキン、こういったものにだんだんと広がっていく。
(治るぞという確信が持て、嬉しくなってよーし!という思いで焦って、りきみすぎていたのかもしてない)
100%の状態で仕事をするのと、今の体10%の回復の力で仕事をするのとではちがう。
10%の回復具合ならば、100%頑張ったつもりでも10%ぐらいの仕事しかできない。
自分の体力に見合った ような仕事量にしていかないと、足が引っ張られてかえって治りが遅くなってしまう。

 

今まではこういった問診の話すらできなかったし、一人で闇の中を歩いているような状態だった。

肉体的なやしんどさもそうだけど、カウンセラーのように精神的なしんどさを軽くして頂き、本当に感謝している

前回は先生から好きなタイミングででは問診してね、と言われたが、今回は30日後にやりましょうと言われた。
ということは30日後に何か動きがあるのではないか?


楽しみ!!

 

 

f:id:csmemoko:20190823190154j:plain

f:id:csmemoko:20190823190209j:plain

f:id:csmemoko:20190823190223j:plain

f:id:csmemoko:20190823190239j:plain

療養先でアースをしてきた。

菌をたくさん摂り込めたか???!

 

 

f:id:csmemoko:20190823190327j:plain

脱衣所で暴露するので温泉は入れない・・・けど、足湯なら入れた!!

 

 

f:id:csmemoko:20190823192531j:plain

f:id:csmemoko:20190823192604j:plain

大漁!!

f:id:csmemoko:20190823192549j:plain

天然のお魚をその場で食べれる幸せ!

f:id:csmemoko:20190823192628j:plain

ごちそうさまでした。

 

化学物質過敏症をはじめとした、難病でお困りの人だけに情報を届けたい
・西洋医学(直接的医療行為)東洋医学自然治癒力を高め、生きる為の医療)それぞれの視点を持たないと理解できない
人を選ぶ内容ですので、外野をフィルターアウトする目的で、一部記載内容は隔離しました。

・掲載先へご迷惑となる事を避ける

・気軽なメールフォーム等での悪戯防止
・無利益なヤジ馬と誹謗中傷を排除
・双方身元を可視化、不必要に情報を流れさせない抑止力
を想定、情報を求めている方以外をブロックする防波堤代わりに「note」を利用します。
興味がある方は、こちらをご覧ください。

note.com

note.com

このはてなブログの記事で興味を持った方は、私「めもこ」には連絡を取らず、note記事は読まず、ご自分で情報収集されて、直接治療を受けておられるそうです。(むしろ、それが理想の形だと思います!)


新規患者さんが「ブログを見た」と、それぞれの先生方に報告されているそうで、そのお話を聞いたり、嬉しい事に直接ご挨拶する機会も沢山いただきました。

化学物質過敏症で困っている人をアシストする活動をされている方々に、発症当時の私自身もお世話になり助けてもらいました。(その節はありがとうございました!)
ですが、化学物質過敏症は人それぞれ症状や反応する物が違うので、他人の意見ではなく「ご自身で判断・選択」いただきますようお願いします。 

どなたかの役に立ちますように・・・!

 

 

www.iherb.com