化学物質過敏症を治す、通院治療と回復記録メモ

「化学物質過敏症」を治すために勉強した内容と病院等への通院内容や治療による回復経過を、心身状態把握の為にブログ形式でメモします。ネットでググっても埋もれていて気付かなかった類の体験記、いたずらに時間が過ぎて心身憔悴していた過去の自分向けに「こんなことをしたよー」感覚です。選択肢に入れるべき、と主張するものではありません。リンク引用は歓迎ですが、無断転載は禁じます。言及された発信内容は、参考に保存させて頂いております。→【追記】治りました!!

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 6診目

2019.9.17 化学物質過敏症 ジェネティクス療法 6診目

 

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 初診目①

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 初診②

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 2診目

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 3診目

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 4診目

化学物質過敏症 ジェネティクス療法 5診目

の続き。

 

 

 

先生が載っていると教えてもらったので、めっちゃ気になってその雑誌 スターピープル を探して読んでみた。

f:id:csmemoko:20191112173729j:image

雑誌内の取材記事を読むと凄く分かりやすくて、来院してみよう!という気持ちになるのも分かる…。

ただ公式HPが素人には難解でわかりづらい、もったいない…と思ってしまった。

 これは人を選ぶー!!!

 

 

先生が施術する病名はこんなにあるそう。

 これを教えてもらったときは何となくでしか分からなかったけど、ブログ書いてる今なら「病気は人それぞれの特性や弱点が表面化してきたものであって、根っこは一緒」だと理解し始めたような???

 

 

神社整体

先生の最近ひらめいた施術方法らしい!

お宮をイメージして行うもので、鳥居、ご神体、池、小道などダウンジングでチェックして行う。

祓い、清めているようなもの。

周りの木々、見栄え、業(カルマ)をご神体が曇る→整理していくと治る。

 

 

f:id:csmemoko:20190731163814g:plain

前回のストレス指数は15.09

今回は15を切って14.98!

やったー!!berry highにまでなってきた!!

14前半や13台に入ると体がかなり軽くなるなど、体感でわかりやすいそう。

 

 

 

今まで駄目だったことを試しにやってみる

→昔は暴露した時に数時間寝込んでいたのが40分で済んだ

=回復力が上がっているということ。

 

 

パソコン作業をすると左肩が痛い、やめると治る=電磁波過敏症

→力が入っている体の癖だから、取りづらい。

パソコンの前で何かを感じているのが、他の人より強いから力が入ってしまう。

パソコンやスマホのやり過ぎの電磁波過敏症患者が多い。

先生はやめれば?と言うが患者さんはやめないみたい…。

パソコン触るのが好きで、ゲームとかも好き。

(私もだー!!)

 

 

1日2食で良かったのが3食食べたい+おやつになってきた

→内臓が良くなってきた証拠。

 

 

薬を飲むために無理矢理ご飯を食べていたのが、お腹が空くようになった

→お腹が空くのは普通のこと。

こういうところから回復力が高まっている、という証拠。

 

 

施術後の感想

肩が回る!軽い!

頭がポワーンとする

→頭のぽわーんは良いことで、体が緩んだ。

神社で例えれば、社殿、神体の周りの空間を祓ったら、力が抜けた。

=その領域が濁っていると言う事。

 

 

毎回数値で分かる&体感で改善できるのが、攻略ゲーム見たいで面白くなってきた笑

 

 

化学物質過敏症をはじめとした、難病でお困りの人だけに情報を届けたい
・西洋医学(直接的医療行為)東洋医学自然治癒力を高め、生きる為の医療)それぞれの視点を持たないと理解できない
人を選ぶ内容ですので、外野をフィルターアウトする目的で、一部記載内容は隔離しました。

・掲載先へご迷惑となる事を避ける
・気軽なメールフォーム等での悪戯防止
・無利益なヤジ馬と誹謗中傷を排除
・双方身元を可視化、不必要に情報を流れさせない抑止力
を想定、情報を求めている方以外をブロックする防波堤代わりに「note」を利用します。
興味がある方は、こちらをご覧ください。

https://note.mu/ekimemoko/n/n39a30d5aceee

note.mu

 https://note.com/ekimemoko/n/n37295afdfcce
note.com

このはてなブログの記事で興味を持った方は、私「めもこ」には連絡を取らず、note記事は読まず、ご自分で情報収集されて、直接治療を受けておられるそうです。(むしろ、それが理想の形だと思います!)
新規患者さんが「ブログを見た」と、それぞれの先生方に報告されているそうで、そのお話を聞いたり、嬉しい事に直接ご挨拶する機会も沢山いただきました。
化学物質過敏症で困っている人をアシストする活動をされている方々に、発症当時の私自身もお世話になり助けてもらいました。(その節はありがとうございました!)

ですが、化学物質過敏症は人それぞれ症状や反応する物が違うので、他人の意見ではなく「ご自身で判断・選択」いただきますようお願いします。